注文住宅の間取りを決めるポイント

注文住宅の間取りを決めるポイント

新築した家に入居した方が最も納得して、生活していく課題課題としてはどのような間取りになっているかにあります。
それぞれの生活する場所にも、要望や希望があるのは当然のことでしょう。
しかし、実生活を始めた場合に、一番気になるのが生活動線です。
次に注意しなければならないのは、水廻りの配置で一度決定した場所からの変更が難しいためです。
その変更が難しいだけではなく、そこで生活する全員が日々使用する場所だという理由もあります。
注文住宅での建築だけに希望を取入れられますが、まずは皆が使用する場所等を考える事から始めましょう。
そのような意味ではリビングをどこにするか、収納場所をどこにするかを考えるのも先行して行うべきです。
各自の住む部屋をどのようにしたいのかは、それらのプランが決まってからでも遅くはありません。
注文住宅は家族全体の要望を、自由に取入れられる唯一の工法なのです。
それだけに間取りの決定は、全員がことに間違いはありません。

注文住宅は動線をどうするかを考えることが大切

注文住宅の間取りは生活動線を想定しながら考えるとうまくいくことが多いです。
自由度が高い注文住宅では、思い通りの間取りにすることが可能であり、ストレスなく生活を送ることができます。
ストレスフリーにするには家事のしやすさをまず考えます。
家事の中で最も時間がかかるのが料理と洗濯であり、買い物をしたものをキッチンに運び、それを冷蔵庫にしまうなど様々な作業が必要になります。
洗濯においても洗濯機に持っていく、洗う、干す、しまうなどの工程があります。
このようなことから効率よく家事を行うには家の出入りと洗濯、料理をすべてリンクさせることであり、勝手口をうまく利用するようにします。
なお勝手口の近くにはパントリーやランドリールーム、キッチンを配置すると家事動線が一気に良くなります。
このほか衛生面も考えます。
トイレと洗面所は別にした方がよく、さらに資金に余裕があれば玄関近くに土間のようなものを設置し、手洗い場を設けると良いです。
家に入る前に手を洗うことができるので、花粉や様々なウイルスを持ち込むリスクを軽減することができます。

著者:佐久間礼二

筆者プロフィール

愛知県名古屋市生まれ。
地元の工務店に勤務し、数多くの注文住宅建設に携わる。
これから家を建てる方に注文住宅に関する記事をまとめました。